あなたの撮った写真で小遣い稼ぎ?ストックフォトのPIXTAに登録してみた!


今回は皆様にストックフォトについてお伝えしようと思います。ストックフォトとはプロアマ問わず自分自身の撮った写真を写真販売サイトに登録し、もし自分の撮った写真が売れたら販売額の数十%が手元に入るという副業・小遣い稼ぎにぴったりなウェブサービスなのです!詳しくは別記事でご紹介しますが、今回はPIXTAに登録してみましたので一緒に見て行きましょう!

1.公式HPから「クリエイター会員登録」をしよう!

公式HP(https://pixta.jp)右上にある「クリエイター会員登録」というボタンから会員登録を行いましょう!ここで必要なのは「メールアドレス」「ユーザー名」「氏名」「生年月日」「性別」「属性」「職業」「住所」「電話番号」

2.身分証明書の提出

登録が完了すると続いてメールが送られてきてアドレス認証が行われます。届いたメールから24時間以内に認証を完了させましょう。続いて身分証明書を提出する必要があります。いずれか1点を準備してください。公式HPより画像をアップデートする必要がありますので携帯やデジカメで写真を撮り、アップロードしてください。身分証明書の確認には1-2日が必要です。

運転免許証
写真付き住民基本台帳カード
パスポート
個人番号カード(マイナンバーカード)

 

3.入門講座・入門テスト/映像クリエイター審査

写真・イラスト素材を販売希望の人は「入門講座・入門テスト」を、映像素材を販売希望の人は「映像クリエイター審査」をそれぞれ受ける必要がある。もとまさは「入門講座・入門テスト」へ進んだ。10ページの入門講座でストックフォトをする上での基本知識や注意事項(著作権やパブリックリリース)、規約についての説明があります。14問の正誤問題に合格すれば次に進むことができます。

4.画像をアップデートしよう!

入門テストに合格するとついに自分で撮影した写真をアップロードすることができます!最大30枚のデータをアップロードすることができます。ただし、NG(PIXTAの要件を満たさない写真)が多すぎると今後のアップロード可能枚数に影響を及ぼしますので特に最初は厳選してアップロードするようにしましょう!

5.もとまさが今回アップロードしたのはこちらの作品!

正直、自信をもってアップロードできる写真が数えるほどしかなくてビビりました。写真自体は2万枚ほどあるのですが、人物はとりあえず使えないし(著作権の関係で同意書が必要)、ご飯の写真も売る用ではなかったのでいらないものが写りすぎて不適…そして、ありきたりな写真が多すぎてほぼ没ww 結局アップロードできたのはサファリで撮った動物の写真が中心になってしまいました。

初回は30枚までアップロード可能ということですが、様子見で12枚だけアップデートしてみました。それぞれの写真に「タイトル」と「5個以上のタグ」を付ける必要があります。あとは独占販売を行うか、定額制販売を行うかを選択できます。

独占販売を行えば売れた時に高い割合でお金を受け取ることができる代わりにPIXTA意外で同じ写真を使う事ができません。PIXTAしか使用しない人はチェックを入れ、他のサイトでも販売したい人はチェックしないようにしましょう。

6.審査結果を待つ

審査期間は7営業日前後ということなので審査結果が出るまで待機です。今回は審査待ちの写真が多かったようで2週間ほどかかりました。12枚中11枚が審査通過ということで上々でしょうか。不採用となった1枚は一眼レフではなく安いデジカメで撮った写真だったので画質などがあまり良くなかったようです。やはり一眼の写真でないとだめですね。

(その後追加で25枚までアップロードしたところデジカメで撮った写真はやはり不採用となってしまい、もう一枚は著作権の問題で没でした。動物の骨だったのでいいかと思いましたが判断が難しいですね…。)

7.最後まで読んでいただきありがとうございました!

これで登録は以上です。あとはコツコツと登録枚数を増やしていくだけですね。なかなかすぐに結果が出るものではありませんが気長に趣味の一つとして継続していただければと思います。お互いに頑張ってお小遣い稼ぎしましょう!(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です