目の前で殴られている人がいたら見捨てなさい ~途上国の教え~


青年海外協力隊の隊員としてモザンビークで過ごして早7ヶ月。安全に過ごし、健康に帰国する義務のある我々ですが、やはり途上国で長期の生活をしていると危険な目に遭うこともしばしば。

 

さて、今回は1月10日に隊員総会で話したヒヤリハット体験の内容をご紹介。

 

 

 

実はブログでは紹介していなかったのですが、2017年の11月24日の飲み会の後、家に到着すると家の前に人だかりが。そして頭から血を流している男性が1人。明らかに100人対1人の構図。家の前で100人に殴られ、蹴られる1人の人を見過ごすこともできず、どうしたものかと思い、とりあえずその間に入ってみました。ポルトガル語が流暢に話せるわけでもないけど、割って入り事情を聞くとその男性は「泥棒」とのこと。

 

 

実は、以前にも泥棒が街中の人に追いかけられ、リンチに受けそうになっているところを見ました。そのときは偶然警察に逮捕されたので、集団暴行を受けることはなかったのですが、今回は警察も近くにおらず、集団暴行に遭っている最中…。

 

 

そうこうしていると、ものを盗られた本人であろう中年男性が太い木の棒を持って、血相変えて走ってきました!どうにか止めようと間に入り話を聞こうとしたところ、

 

「なんだ!邪魔するのか?!」「お前も泥棒か!」

 

 

と、聞く耳持たず棒を振りかぶって殴って来ようとするではありませんか!

 

 

その泥棒と一緒に襲われそうになっていたところ、周りで殴る蹴るしていた住民がもとまさをその場から避難させてくれました。が、そうなると案の上、その泥棒が思い切り頭を木の棒で殴られ、そして周りの住民に蹴られ、ぼこぼこにされていました。

 

「このままじゃ本当に死んでしまう…!」

 

 

そう思いながらも、住民によってもとまさはその場から引きはがされ、その男性はされるがまま…止める人も居ない…。

 

 

という、内容のヒヤリハット体験。もちろんJICAからはしつこく「トラブルに巻き込まれるような場所には入らない事」と何度も何度も何度も、耳にタコができるほど注意を受けていました。訓練所では、「自分の身を最優先に考えなさい。変に助けようとかしないこと」とも言われていました。

 

ただ、どうしても目の前でそのような状況があると…。

 

 

今回のヒヤリハット体験を共有したあとにモザンビーク事務所の所長からこんな質問がありました。

 

 

 

「今回の行動に後悔していますか?」

 

 

 

 

本来であれば、所長という役職上、「今後、このようなことはしないでください。」「自分の身を第一に考えてください。」と言うべきなのでしょうが、こんな有難い言葉をいただきました。

 

 

「みなさんは大人として赴任しています。皆さんそれぞれに、大事にしたいこと、どう生きていくか決める権利があります。安全と自身の取るリスクをきちんと分かったうえで行動してくださいね。」と。

 

 

 

こんなことで、命をもし失って、家族を悲しませたら…とも思いますが、「自分の納得できない生き方をするぐらいなら、生きている価値がない」という想いの方がどうしても強く感じてしまうので、しょうがないですね。

 

今回の行動に後悔はしていないというのが本音です。でも、せめてあの場に入るならもう少しポルトガル語ができないと収めようがないよな~と反省しましたけどね(笑)

 

 

結局、その泥棒はなんとか逃げ切ったようで、目の前で死なれることもなく個人的には良かったのですが、なんとも気分の悪い週末でした。

 

 

あまりに一方的な状況だったので、日本であればだれかが助けに入りそうなところですが、モザンビークではそんなことをすると味方だと思われ、一緒に襲われるのがオチのようです。

 

 

もし皆さんの目の前で殴られ、頭から血を流している人がいたら助けますか…?

 

 

後悔のない人生を送りましょう。


「目の前で殴られている人がいたら見捨てなさい ~途上国の教え~」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。つかっちといいます。
    まずはモザンビーグでのご活躍を拝見させていただきました。
    毎日が冒険の連続ですね・・・・。
    場所が変わると価値観がちがう、私はもとまささんの気持ちは
    よくわかります。
    モザンビーグでのこれからのご活躍を応援します。

    1. つかっち様
      コメントありがとうございます。
      仰る通りで、モザンビークに来て7ヶ月経ちましたが、毎日いろんな事に振り回されて、驚き、怒り、悲しみ、笑い、楽しんでいるところです。

      「場所が変わると価値観が変わる」

      本当にその通りですね。自分の価値観と現地の価値観のギャップにも悩まされます。譲れるところと譲れないところ。日本にいては経験できない貴重な経験ができてるんだと自分に言い聞かせて頑張ります(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です