留学先で日本人の友達を作るなというのは本当か?


カナダのトロントに来て5ヶ月が経過したもとまさが留学先での日本人の友達と遊ぶことの是非について言及していきたいと思う。

もとまさの現状から説明すると、留学先で最も仲が良いのは日本人である。旅行も買い物も食事もよく日本の友達と行く。

これだけを書くと、「カナダにまで行って何してんの?」と言われかねない。

日本人と一緒にいることの何が悪いのか?

一般的に

「日本人と一緒にいると結局日本語ばかり話す」

「日本人は英語力が低くて固まっている」

「日本人の友達と海外旅行をしているようなもの」

というところだろうか。

個人的には半分正解で半分不正解だと思う。

このような考えで固まっている人は

「海外の人と話せば自然に英語が上達する」

「日本人といると英語が伸びないので必死に避けるべきだ」

「留学に来ているのだから日本語を話してはいけない」

こんな考えも持っていそうである。

日本人以外といるメリット

これは何といってもみなさんのイメージ通りであろう。

お互いの共通言語は「英語」のみである。

仲が良くなって、コミュニケーションを取るには英語しかない。何と言ってもこれが留学の醍醐味でありお互いに必死に英語で思いを伝えようとすることで表現方法を学んでいく。更には、お互いの文化、風習、政治、宗教、趣味、法律…とありとあらゆることが違う。こう言った相互理解を深めることは是非ともしていただきたい。

  • インド人はご飯が美味しかったらゲップをする
  • サウジアラビアでは女性は車を運転することができない
  • 麻薬が合法の国や、日本以上に麻薬へのハードルが低い国も(逆に死刑になる国も)

こんなの序の口でもっと驚くべきことがたくさんあるのが世界である。

こういった普段学ぶことがない世界をその現地の人からリアルに聞けるというのは何と言っても楽しい。

日本人といるメリット

これもみなさんの想像通り。

コミュニケーションを取るのが非常に楽なのだ。

お互いに英語がわからない中で頑張っている連帯感と同郷という安心感が日本人グループを作る。ただ、勘違いしないでほしいのは日本人以外も同じ状況であるということである。ブラジル人はブラジル語で話すし、メキシコ人とコロンビア人もスペイン語で話しているし、韓国人も韓流グループ作ってるし。

他にも、日本人の友達ができれば帰国後も容易に連絡が取れ、実際に交友関係を続けていくこともできるだろう。年に1度旅行をするかもしれないし、地元が近ければ毎月のようにご飯に行けるかもしれない。

あなたの目標は何ですか?

ここで、一つ確認をしたい。

もし、あなたが「英語上達」を目標にしているのであれば、それはどの程度までを目標としているのか?

  • TOEIC900点?
  • 英語で生活ができるようになること?
  • 英語の先生になる?
  • 海外で仕事をする?
  • 海外旅行を楽しむため?
  • ネイティブと同じレベルで話をしたい?

あなたの英語の具体的な目標によって、どこまで英語力を伸ばすかが変わることは理解いただけるだろうか?

もとまさの一例

  • 海外映画を字幕なしで見たい
  • ネイティブスピーカーと談笑できるレベルになりたい
  • 国境なき医師団などで使えるレベルにしたい

こんなところを目標としている。

特に「海外映画を字幕なしで見たい」というのはなかなかにレベルが高いと思う。「ネイティブスピーカーと談笑」もハイレベルであると思う。スラングの理解やリンキングサウンドなども聞き取る必要があるし、早いテンポでレスポンスが必要であろう。少なくとも、今のもとまさには超ハイレベルである。It’s too hard for me.である。

読者の中にはもっと高いレベルを目指している人もいるだろう。

そんな人にとって「日本人」と英語で話すか、「日本人以外」と英語で話すかは大差ないことに気が付いてほしい。どういうことか?

日本人は本当に英語力が低いのか?

まず、語学学校の中での話をする。

語学学校には授業の質を確保するために大抵レベル別クラスが設けられており、学校によって5、11、21段階などにわけられている。

もとまさの学校ではレベル1~11が設定されていた。

レベル1:本当に初歩。I am Motomasa. I am from Japan.

レベル5:自己紹介や身の回りのことについてある程度説明できる。

レベル8:比較的流暢に話すことができ、政治や宗教、犯罪など難しい内容のディベートにも参加できる。

レベル11:自分の考えを的確に伝えることができ、表現も適切である。ネイティブとも問題なくコミュニケーションが取れる

こんな感じだとする。

もちろんレベル1の人から見るとレベル8やら11なんてすごい話せる人に見えるだろうし「雲の上の人」みたいな勘違いが起きるかもしれない。

ステレオタイプ的な考えでは

レベル1:日本、日本、日本、日本、日本、日本、日本

レベル5:日本、日本、日本、日本、韓国、ブラジル

レベル8:日本、日本、イタリア、フランス、メキシコ

レベル11:イタリア、フランス、ハンガリー、サウジアラビア、コロンビア

こんな感じだろうか?

まあ日本を出る前はもとまさ自身もそう思っていたが、それは正しくない。

日本の教育上、確かに英語を話す機会は乏しく文法知識やボキャブラリーが充実している割には話せない日本人が海外の人と比較して相対的に多いことも事実であるが、全員が話せないわけではない。小さいころから海外に縁があったり、英語に憧れて話す練習をしてきた人はたくさんいるのだ。

ただ、残念ながらレベル11が日本人ばかりで、レベル1に日本人がいないというのはありえない。

時期にもよるが例えば

レベル1:日本、日本、ブラジル、ブラジル、韓国

レベル5:日本、日本、日本、コロンビア、メキシコ、韓国、ブラジル

レベル8:日本、日本、イタリア、ハンガリー、サウジアラビア

レベル11:日本、日本、フランス、ハンガリー、コロンビア、ブラジル

こんな感じであれば容易にあり得る。

繰り返しになるが、相対的に日本人が英語を話せないのは事実である。ただ、話せる人もたくさんいるし、一概に「日本人は英語力が低いので一緒にいるべきではない」と決めつけるのは間違いだと言っているのである。

あなたの目標達成には日本人?外人?

ここで、あなたの「英語の目標」を思い出してほしい。

特に高いレベルを設定されている人にとって、語学学校の中で「日本人」と英語で話すのか、「日本人以外」と英語で話すのかについて考えてほしい。さらに言うと、「レベル11の日本人」と英語で話すのと「レベル5のブラジル人」と英語で話すのは、どちらの方が英語を使う練習になるか考えてほしい。

要するに、「一概に日本人と一緒にいるからダメとは言い切れない」ということをわかってほしい。

ただ、先に述べたように、「日本人と日本語で話してしまう」というデメリットについても触れた。

これは、その2人の関係や気持ちによるところが大きい。

もとまさはカナダでも日本人とよく遊ぶが、基本的に外出中は英語で会話をしている。特に仲の良い日本人とはあるルールを決めている。「食事中と緊急時は日本語OK」「それ以外で日本語を話したら罰金」というものである。日本人が日本語で話してしまったときに、そこから英語で話を再開するタイミングがつかめずに、ずるずる日本語だけの会話になってしまう失敗例が最も多いだろう。そこさえ抑えれば、多少は日本語で話しをしても良いと最近は思っている。

日本人と一緒にいたとしても、運用次第で英語の勉強はできるのである。

本気で英語を上達させたければこれをしなさい

そもそも、「本気でネイティブと英語で話したい」「英語、日本語の通訳者になりたい」と高い目標を持っているのであれば、語学学校の中でレベルが云々言ってないで、現地の友達を作る。これに尽きると思う。

語学学校の「レベル5とレベル11」の生徒の差なんか、「レベル11とネイティブ」の差に比べれば無いに等しいとカナダに来てヒシヒシと感じる。これを感じはじめてから、語学学校の友達は「日本人」か「外人」かなんて気にせず、日本人とも遊ぶし、現地のカナダ人とも遊ぶということをしている。

今回は、カナダへ実際に渡航して感じたことを書いてみた。確かに、日本人同士がグループで日本語しか話さず、ジャパレスでも日本語を話し、「1年間留学したけどほとんど話せない」なんてことが横行しているのも事実である。流石に語学学校内で日本語を話している人を見た時は「何しに来たんだろう?」と思わざるを得なかった。だが、運用次第では日本人と日本語で食事をしても英語を伸ばすことは可能であるし、一概に否定していただきたくないという個人的な思いもあり書かせていただいた。

みなさんの留学がより良いものとなることを期待している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です