青年海外協力隊2次選考(流れ:前日の愚行)


青年海外協力隊の2次選考の「流れ」を知っているか知らないかでは、やはり心の余裕が違う。

特に緊張をしやすい人、情報を少しでも多く集めたい人のために振り返りを行いたい。

2次選考の内容に関する記事は多数拝見したが、流れなどについてはあまり見かけなかったためこの記事が少しでも読者の参考になれば幸いである。

※この記事はほとんど選考には影響しません。真面目に情報収集をされている方は2次選考当日の記事をご参照下さい。(笑)

2次選考前日

7:00am

カナダ留学中。

実家は関西。

試験地は関東。

ということで、関東に住む後輩の家にお泊りさせてもらっていたのだが、出社ということで叩き起こされる。まだホテルへのチェックインはもちろんできないのでStarbucksで時間を潰す。これまでに集めておいた質問に対する回答を実際に口に出しながら練習をしていた。

読者の皆さんも絶対に「口に出して」練習されることをお勧めする。

12:30pm

地鶏やでおいしいごはんをいただく。

1:30pm

少し早いが新宿ワシントンホテルへチェックイン。

思ったよりも立派なホテルで関心。なにしろATMやらコンビニエンスストア、居酒屋からパチスロ店まで直結であるから大したものである。

チェックインでは「もとまさと申します。JICAで予約があると思うのですがいかがでしょうか」と言ったところすんなりと入ることができました。

部屋で面接準備を始める前にコンビニで飲み物やら調達しようとしたのだが、これが完全な間違いの始まりだとはその時は知る由もなかった…。

部屋に到着後すぐにコンビニへ。食料をさくっと買って部屋に戻ろうとしたところパチスロ店が目に入ってしまったのである。大学生の時は例に従いギャンブルにはまり、社会人になった後はお金を稼ぐ大変さを知り、やめていたのだがカナダにはないパチスロ…。

「ちょっと偵察」

という意味の分からない理由をつけて前日の貴重な時間にパチスロ店へ。

案の定見るだけでは収集がつかず

アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSVer.-へ2K投入。

そしてまさかの…大当たり!

「この機種爆発すると帰れないんだよな~」「まさかカナダ-東京の往復航空券がタダになるかも」なんて前日の「貴重な時間」であることを忘れて没頭していたものである。

が、しかし、もとまさの引きの弱さを忘れてはいけない。

すぐさまこの貴重な大当たりも犬×3で終了。(知らない人はすいません)

この後部屋に帰って、しばし落胆。

この時点で2:30pm。ホテル到着後1時間しか経っていないのである。

スロットをする人にはわかると思う。「一瞬の出来事で、全然稼げていない」のである。

そこから3時間ほど口頭弁論の練習を部屋で行う。

6:30pm

がしかし、集中できない。遊んでしまったこともあり勉強モードに入れない。結局練習も早々に切り上げて、さっき勝った微々たるお金を握りしめホテルの地下にある「じゃぽん」という居酒屋へ足を運んだのだった。カウンター席で牛タンやらブリ刺しをつまみにビールとハイボールを飲み、2時間ほど滞在。

9:00pm

お酒もいい具合に回り、全く練習しきれていないにも関わらず

「明日が本番、しっかり寝ないと。お酒も飲んだし寝れそうなときに寝よう」

と、またも都合の良い言い訳を見つけてぐっすりと就寝したのだった。

ちなみに、「人物面接」での受け答えは少し練習できたものの、「専門面接」に関してはほとんど過去の問題がないこともあり、1次選考で提出した書類を読み返す以外は特に何もしなかったのである。

青年海外協力隊2次選考(流れ:当日)へ続く。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です